家族葬という選択|故人の思い出は家族の中でイツマデモ

葬式

葬儀のやり方

葬儀と檀家制度の関わり

葬式

人生を終了し、最後に故人を偲んで送り出すのがお葬式です。これは残されたものたちの義務とも言えるでしょう。昔であれば人が亡くなればお寺からお坊さんを呼んでいました。もともとは仏教には檀家制度がありました。これは江戸時代に作られたものですが、それぞれの家は必ずどこかのお寺の檀家として組み込まれており、基本的にお寺は自らの檀家にたいして葬儀等を行っていたのです。しかしながら近年では様相が変わってきました。核家族化が進んだことが一番の要因ですが、古くからの檀家制度が機能しなくなってきたのです。核家族化により、まずはそれぞれの家に仏壇があるというのが非常に珍しくなったのです。仏壇があるのは実家だけという家が増えたと考えられます。

近年の葬儀のあり方

このようにお寺との関わりが非常に希薄になってきた以上、葬儀のやり方も自ずと変化してきたのです。一時期は自然葬というやり方も注目された時期がありました。亡くなったあとに骨を海に散骨したりして、お墓も持たないという人も増えてきました。このような潮流が生まれた背景にはお墓や仏壇を代々に渡って受け継ぐという文化が廃れてきたことが要因としてあります。これにも核家族が増えてきたことと密接な繋がりがあります。核家族化によって親族間のコミュニケーションも少なくなってきたことあり、最近では葬儀も簡略化する傾向があります。その代表的なものが家族葬なのです。昔のように親戚や故人の友人や仕事に関わる人に参列してもらうのではなく、ごく親しい人に集まってもらうのが家族葬なのです。これにより葬儀費用も安くなりました。また、故人にとっても家族葬は非常にやりやすいものになりました。なぜなら家族葬は葬儀費用が安くつくので、故人としては後に残った人たちに負担をかけずに済むと思えるからです。

喪主は誰が行うのか

葬式

葬儀って、頭で考えると難しくなりますが、進行係の人の指示に従えば問題ないのだなと感じたのです。もちろん、お料理やお花は自分たちで決めますよ。後は、宗派を伝えておけば、そのようになさってくださいます。費用は(この程度)でと言う打ち合わせもありますしね。大阪の葬儀は、無駄なく行おうと思えば可能ですね。

詳細を確認する

もしもの時の備えに

遺品整理

最近では孤独死が増えてきています。その影響で遺品整理業者も毎日様々なお宅の整理しています。大阪にある遺品整理はとても対応が丁寧でこうひょうです。詳細はインターネットにかかれているので、様々な業者の比較をし、もしものために備えてください。

詳細を確認する

遺品の整理

遺品整理

東京は都市化が進んだ街であるため、隣り近所の人の手を借りて遺品整理を行うようなことはまず不可能です。そのため、遺品整理の専門サービスを利用する人がとても多くなっています。業者を利用すれば、仏壇などの供養もしてもらうことができます。

詳細を確認する